四季折々の柄


日本には四季があり、四季折々の花や鳥などを着物に写して楽しむことがあります。また、行事にちなむ柄を用いて季節感を表現したり、歴史や故事にちなむ柄でその季節とのかかわりを示すこともできます。基本的に着用する柄は実際の季節よりも一か月から一カ月半ほど先取りして着ると粋だと言われています。

それぞれにお好みの柄はあると思いますが、その中でも5月柄と呼ばれる柄を紹介してみようと思います。5月ごろに着用する柄としておすすめなのは、牡丹、花水木、花と鳥、若竹、紫陽花、ぼかし模様、御所解模様ですが、その月にちなむ柄である花筏や季節の行事である端午の節句にちなんだ矢筈や鎧、葵祭にちなんだ葵文、御車、山車などの柄を行事当日に身に着けても粋にみえますね。若竹などはいかにもさわやかで緑が美しく、5月にぴったりの柄ではないでしょうか。

5月は一年中で一番萌え出た鮮やかな緑が美しい季節です。5日を過ぎると立夏となり、春から夏へ移り変わる季節でもあります。着物も袷から単衣に移って行きます。伊達襟もさわやかに見えるようなものに変え、新緑の若葉の色から涼やかな寒色へと色を変えて、5月柄の入ったさわやかな白い帯を締めても軽やかで素敵に見えます。

もちろん、近年季節感や今までのルールは関係なく楽しんで着物を着用されている方も多く素敵ですが、せっかく四季折々の美しさがある日本に住んでいるのですから、たまには季節の移り変わりを着物で楽しんでみるのもいかがでしょうか?